作業環境測定

作業環境測定とは

作業環境測定は、労働者の健康障害の防止を目的として、職場の有害物など(粉じん、金属、有機溶剤、騒音など)の存在状態を科学的に評価し、職場環境が良好であるか、改善が必要であるかを判断するために行うものです。労働者の安全と健康を目的として制定された労働安全衛生法(安衛法)では、作業環境測定を「作業環境の実態を把握するため空気環境その他の作業環境について行うデザイン、サンプリング及び分析(解析を含む。)をいう。」と定義しています。
環境科学センターは、国の作業環境測定登録機関として、多くの事業場で作業環境測定を行ない、労働者の安全と健康の確保に貢献しています。

主な測定

  • 有機溶剤
  • 粉じん
  • 特定化学物質
  • 金属
  • 騒音
  • ダイオキシン類
  • 室内空気環境測定(シックハウス調査)
  • 事務所環境測定
  • 作業環境測定photo1
  • 作業環境測定photo2
  • 作業環境測定photo3
このページのトップへ