お知らせ

2016年08月06日

宮ノ陣クリーンセンターの環境教室開催報告② ~水の汚染についてしらべよう~

 前回開催報告させていただいた7月28日の「ダンボールコンポストで自由研究」に続いて、8月6日にも宮ノ陣クリーンセンター(福岡県久留米市)環境交流プラザにおいて「こどもエコたいけんなつやすみ教室」の一環として、「水の汚染についてしらべよう」という実験教室を開催いたしました。

 この実験教室では、最初に久留米市の河川水と水道水について水温の違いを体感していただいたり、透視度を測って水の透明さを見ていただいたりしました。次にパックテストを使って簡単な水質実験を行いました。パックテストを使った実験では、河川水にジュースや洗剤などをそのまま流すと水質にどのくらい影響するのかを実際に実験で体感していただき、環境保全の大切さを学んでいただきました。

 当日は14人のお子様とその保護者の方が参加され、積極的にパックテストなどの実験に取り組んでいました。今回の実験を夏休みの自由研究の題材として使いたいということで、実験終了後も熱心に質問をするお子様もいました。保護者の方々も興味深く見学されており、「久留米市の河川水の状態を改めて知ることができて面白かった」などの感想をいただきました。

 当事業団は、前回のダンボールコンポスト教室や今回の水質実験教室のような活動が、地域住民や子供たちの環境保全に対する意識の向上につながればと心から願っております。

 

前回のダンボールコンポスト教室の開催報告

http://www.sukoken.or.jp/kankyo/news/2016/07/post-45.php

  • 20160806宮の陣クリーンセンター環境学習1.JPG
  • 20160806宮の陣クリーンセンター環境学習2.JPG
  • 20160806宮の陣クリーンセンター環境学習3.JPG
このページのトップへ