お知らせ

2014年06月05日

第24回 くるめ環境フェア

 

2014年6月1日(日)に久留米百年公園で『みんなで創ろう! グリーンエコシティくるめ』をテーマに、久留米市主催の環境フェアが開催されました。

 

この環境フェアは、久留米市の環境啓発事業として毎年6月の第1日曜日に開催されています。第24回を迎える今年は、当事業団を含む50以上の企業や団体が環境に関するさまざまな出展を行い、地域住民の皆様に対して環境啓発を行ないました。また、久留米市の姉妹都市である福島県の郡山市も、東日本大震災の復旧・復興支援への感謝の気持ちを伝えるために特別参加されました。

 

当事業団のブースでは、ご来場の方に酸性雨や紫外線などの大気環境を体感していただくことを目的として、ペットボトルを使った酸性雨の再現実験と、紫外線に反応して色が変化する紫外線チェックストラップの作成体験を行いました。また、今年の環境フェアは環境に関する問題を答えていく「クイズラリー」が行われ、各ブースで様々なクイズ問題が出題されました。当事業団もクイズラリーに参加し、大気汚染に関するクイズを出題しました。

 

当日は、晴れて蒸し暑いお天気でしたが、当事業団のブースには400人以上の方にご来場いただき、大盛況のうちに終了しました。特に紫外線チェックストラップの作成は、紫外線の有害性がよく知られていることもあり、子供から大人まで多くの方に興味を持って楽しんでいただけました。また、酸性雨の再現実験では、pH試験紙の色の変化に驚かれる方も多く、視覚的に大気汚染の様子を感じていただけました。

  • 第24回くるめ環境フェア1.jpg
  • 第24回くるめ環境フェア2.jpg
  • 第24回くるめ環境フェア3.jpg
このページのトップへ