沿革

すこやか健康事業団の沿革

財団法人九州産業衛生協会財団法人福岡県対がん協会
昭和28年聖マリア病院予防部発足
昭和29年事業所一般定期健康診断開始
昭和32年住民検診開始(結核検診)
昭和34年事業所特殊健康診断開始日本対ガン協会の支部を兼ね任意団体として発足
昭和36年維持会員を対象に初めての胃がん、子宮がん集団検診を九州大学、久留米大学の協力で行う
昭和37年学校検診開始財団法人福岡県対ガン協会設立(福岡県知事)
昭和38年老人検診開始日本対ガン協会の胃検診車「ひまわり号」が九州ブロック用として配車
昭和39年協会設立5周年を記念し「ガン研究助成金」を創設
昭和41年胃集団検診、成人病検診開始初代胃がん検診車「そよかぜ」号九大を基地に県北、中部地区を巡回健診開始
昭和42年予防接種開始初代婦人検診車「青い鳥」号九大を基地に県北、中部地区を巡回健診開始
昭和44年社団法人全国労働衛生団体連合会入会
公害環境調査開始
昭和45年子宮がん検診開始協会事務局を県医師会館に移転
昭和46年財団法人九州産業衛生協会設立
(福岡労働基準局、福岡県知事)
昭和48年福岡診療所開設
昭和49年協会創立15周年にあたり協会報「青い鳥」を創刊
昭和51年飯塚市に「筑豊支部」を設置
昭和52年健診機関名簿登載(中央労働災害防止協会)
作業環境測定登録機関(労働基準局)
昭和54年日本環境測定協会入会
久留米診療所開設乳がん検診開始
昭和56年作業環境測定名簿登載(中央労働災害防止協会)協会事務局を千代田生命ビルに移転
昭和58年老人保健法に基づく基本健康診査開始
昭和59年肺がん検診開始
昭和60年九州産業衛生センター(現:環境科学センター)開設
天神診療所開設
(岩田屋診療所の運営委譲を受ける)
昭和61年大腸がん検診開始
昭和62年大腸がん検診開始
平成元年THPサ-ビス機関名簿登載(中央労働災害防止協会)
平成6年基本健康診査開始、がん検診と併せた
総合健診を整備
平成7年骨密度測定(骨検診)開始
平成8年天神診療所を岩田屋Z-SIDE(現本館)へ移転
日帰り人間ドック開始
平成10年(財)予防医学事業中央会福岡県支部認定
(財)日本寄生虫予防会福岡県支部認定
筑豊事務所開設
平成11年労働衛生評価機構「優良労働衛生機関」認定
前立腺がん検診開始
平成13年マンモグラフィ検診開始マンモグラフィ検診開始
「福岡県対ガン協会」から「福岡県対がん協会」へ名称変更
平成14年環境科学センターISO9001審査登録
労働衛生評価機構「優良労働衛生機関」更新
平成15年福岡国際総合健診センター(旧天神診療所)開設
政府管掌生活習慣病予防健診実施医療機関指定
総合健診センターへ名称変更(巡回健診部門)
がん検診センター開設
平成16年水道法20条に基づく登録水質検査機関
(厚生労働省)
筑豊支部の廃止
平成17年労働衛生評価機構「優良労働衛生機関」更新[ストップ・ざ・がん・ボランティアの会]
任意団体を立ち上げる
平成18年協会事務局を損保ジャパン福岡天神ビルに移転、総合健診センター及び本部付設クリニックを開設
平成20年労働衛生評価機構「優良労働衛生機関」更新平成21年3月31日 福岡県対がん協会解散
平成21年4月1日 財団法人福岡県対がん協会と財団法人九州産業衛生協会が合併し、
特例民法法人福岡県すこやか健康事業団として発足
11月 福岡平和ビルに学術研究センターを開設
平成24年 3月 福岡国際総合健診センターISO9001審査登録
7月 日本産業衛生学会研究施設認定
平成25年 4月 福岡県知事認定の公益財団法人へ移行
労働衛生サービス機能評価認定施設(更新)
平成26年 4月 内閣総理大臣認定の公益財団法人へ移行
平成27年3月1日組織改編
             
このページのトップへ