代表者ごあいさつ

理事長ごあいさつ

地域の皆様のすこやかな毎日のために。

瓦林 達比古 理事長

平成25年4月1日、福岡県認定の公益財団法人としてスタートしました当事業団は、さらなる事業の拡大に伴い、平成26年4月1日より内閣府認定の公益財団法人として再出発いたしました。今後は県域を越える健診事業等により、地域の実情に即した調査研究や普及啓発活動が展開できることになります。今までより以上のご支援を宜しくお願い申し上げます。

さて、少子高齢化がますます進行しているわが国においては、医療、介護、福祉の切れ目のない連携なしには、地域の皆様の安全で安心な日常生活を守ることなど覚束ない現状になったと感じています。財政的にも毎年社会保障費は高騰し、ようやく全国民がその危機的状況を理解するに至り、今まさに国家として全国民を守るための明確な制度設計が求められていると思います。

そこで当事業団は、事業主体であるがん検診や生活習慣病健診などを通して、健康に関するデータの調査・研究、健康情報の普及・啓発、そして、それらに関する研究助成を柱として、病気になる前に皆様の健康を守ることを目的として活動を進めてまいります。このような活動から、行政区域を越えた地域住民主体の健康まちづくり運動へとつながり、その結果皆様一人ひとりの意識の向上が、次世代の子供たちの心身健康教育に反映されればこの上のない喜びです。

事業の推進に当たっては、関係行政機関、関係医師会、関係大学等々のご支援とご指導を仰ぎ、より一層の精進を重ね公益財団法人としての使命を果たしていく所存です。今後とも、地域の皆様方の温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

このページのトップへ